月のリズムセラピスト~SanaE~

メイクセミナー詳細

長所を活かして女性の魅力やオーラを可視化する<アンビアンスメイク>

ここ数年、日本の”美人”という概念の多様化にとても明るい未来を感じています。
・ハーフのような立体的なお顔立ちのママモデル
・まるで2次元から出現したような可愛らしいアイドル
・極薄メイクで迫真の演技をする、透明感がある女優
・健康的な血色感が素敵な美人アスリート
・ミステリアスな容姿の裏で情熱が輝く女性アーティスト
などなど、様々なタイプの女性が美人と呼ばれる時代になりました。

そして、美容に向き合うスタンスも大きく変化を遂げています。

昭和の時代は
「ブランドコスメを使えばキレイになれる」
「流行のメイクをしている人がおしゃれ」
などと美容法に正解やマニュアルがありました。
自分以外の何かを求める
“信じる美容”が主流だった時代でした。

それから情報化社会へ発展し
自宅から遠い店頭へ足を運ばなくても、ネットでコスメ等の情報検索をしたり、簡単に購入できる環境になりました。
信じる美容が”知る美容”へと変化を遂げたのです。

“知る”ということに付随して選択するということが求められる今
何を基に選択していくべきなのか、基準が曖昧でとても不自由に感じている人も多いのではないでしょうか?

信じる美容→知る美容
これを越える、次なる時代のキーワードは
“感じる美容”ではないかと考えます。

これからのヘアメイクは間違いなく、女性の人間性やオーラを感じて→可視化する時代になります。
“選択”のものさしになるのは”感じる”こと。

美人像が多様化され、美容についての情報が溢れている。
この現代に大切なのはスキルや道具ではなく、
ご自分のどこに魅力があるかを感じて、認めて、それをポジティブに活かすこと!

シワやシミを隠す、ファンデーション塗装の名人よりも
目をぱっちり見せる為のアイプチを巧みに操る器用さんよりも
笑顔が引き立つチークをさっと一筆!
雰囲気から美人を演出できる方が魅力的な時代だということです。
なんて希望のある時代なのでしょう!

セミナーでは以下のステップで女性の魅力を可視化していきます。
①ご自分のチャームポイントを見つけて→受け入れる
②簡単なテクニックでチャームポイントを活かすヘアメイクをマスター
③チャームポイントを活かして、好印象ヘアメイクを楽しむ

ご覧の通り、とても簡単なステップなのですが
最初の一歩の壁がもしかしたら、少しだけ高いかもしれません。
コンプレックスを隠さず
チャームポイントを活かすメイク術。
DNA心理学や月のリズム等の要素を取り入れて
雰囲気から美人をつくるHow toを現場で共有させていただけたら嬉しいなと思っています。